生後すぐの赤ちゃんのおもちゃと遊び方について

コメントは受け付けていません

オーボールで遊ぼう(2か月から)

生後2か月の赤ちゃんとオーボールで遊ぶには、お母さんが振って音を出してあげます。音のする方を赤ちゃんが見てくれたら、ゆっくり左右に振って追視させましょう。その動作だけでも赤ちゃんの脳の発達に効果がありますよ。3か月をすぎるとモノをもつ力もついてくるので、オーボールを赤ちゃんの手に近づけます。手を広げて無理に持たせる必要はありません。つかんで振ることができたら「音が出てるね」など優しく話しかけてあげて下さい。4か月をすぎると両手でオーボールを持って舐めたりして一人で遊ぶことができますよ。

布絵本で遊ぼう(3か月から)

生後3か月くらいから軽いモノならつかめるようになり、4か月でつかんだものをなめたり口にいれたりして、自分でモノを確認することができるようになります。お母さんが絵本を読んで聞かせてあげることはもちろん、モノの触り心地を学ぶおもちゃとして布絵本はとても優秀ですね。5か月くらいから絵本をめくる動作ができるようになるので、めくったら「これはうさぎさんだね」など声をかけてあげると赤ちゃんは喜んでくれますよ。

ハンドパペットで遊ぼう(3か月から)

生後3か月からの赤ちゃんとお母さんが一緒に遊ぶときに長く使えるのがハンドパペットです。ハンドパペットを使って話しかけてみたり、歌を歌ってみたりといろんな遊びに使えます。おすすめは、歌を歌いながらパペットを使って赤ちゃんの身体をたたいて遊んであげること。「気持ちいい」「くすぐったい」などの刺激の感覚が脳に良いといわれています。6か月過ぎてハイハイができるようになれば、パペットを使って「こっちだよ」と声をかけてあげると喜んでハイハイしてきてくれますよ。

使わなくなってしまったおもちゃの処分に困ることがあります。そのような場合はおもちゃの買取を行っている業者があるので、利用してみると良いでしょう。

作成者

ページトップへ戻る