一度はしっかり考えてみよう!車検に関する豆知識!

コメントは受け付けていません

まずは車検の料金を知る

車検とは、自動車検査の略称で、日本国内の公道を走る車には車検の受験が義務付けられています。新車の乗用車なら3年後に、それ以外の乗用車は2年毎に車検を受験します。車検の受験には、強制加入保険である自賠責保険の保険料が24か月分以上必要です。更に自動車重量税の納付が必要となります。最後に、車検の受験手数料が必要です。受験にかかる費用は、自動車によって大きく異なりますが、車検受験には以上3点の費用が必要なのです。

点検整備費用で車検費用が大きく変わる

車検は、車検申請書と自賠責保険料と自動車重量税と受験手数料があれば、最寄の陸運支局で個人でも受験できます。これをユーザー車検と言います。自分で車検を受けるこのユーザー車検は、最も安上がりな車検受験方法だと言えます。しかし、これはあまりよく知られていませんが、普通乗用車は、法律によって一年毎の点検が義務付けられています。違反しても罰則こそありませんが、不慮の事故をなくすための仕組みと言えますので、点検整備は極力行うことをお勧めします。

点検整備の重要性を知る

乗用車には一年毎に法律で点検が義務付けられています。これを法定点検といい、走行に支障が出るような重大な故障が起きるリスクを低減させてくれます。しかし、点検をしなくても罰則が定められていないので、一年毎の点検を受ける方は少ないと言えます。ですから、2年毎に行われる車検の際に、まとめて点検や整備をしっかりと行う必要があるのです。自動車販売店に車検を依頼すると、費用が割高に感じられるのは、車検受験費用のほかに、法定点検費用や整備費用が含まれるからなのです。

乗用車の車検では、故障しているものは当然交換ですが、その他に調整したり緩んでいる場所を締めたりもします。

作成者

ページトップへ戻る